スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能対策に関するアンケート回答vol.16*西田 ひろみさん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

○空間放射量の測定、土壌調査、学校給食の放射能測定など市民の要望があってから、重い腰をあげるのではなく、市の方針として「市民の安全な環境をつくっていく」という視点で積極的に取り組んでほしい。

○市民が食品をもちこんで放射能測定ができるように。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開
  ⇒要求すれば情報提供がある。Webで公表していくことを。
・〇給食の食材の事前の検査
  ⇒食材だけでなく、一食分をミキサーにかけて測定することでセシウムの総量が推定できるような検査を。
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

○発電コストが高いこと(今までは安価と言われてきたが、建設地への補償、様々な分野に広がる事故の賠償金を考えると高い)
○安定した供給ができない(ひとたび事故が起きれば、収拾がつかない)
○燃やした後の始末ができないこと(何十万年も地中深く安全に保管することは不可能、再生処理は実証できていない)

以上の点から脱原発をめざし、エネルギーの地産地消を図るべきです。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

省エネを推進し、創エネにつなぐことが大切です。
○バイオマス・・・農業生産ででる廃棄物・家庭の生ゴミ・給食の生ゴミで本郷のゴミ焼却施設に隣接して建設したら…。
○太陽光発電・・・公共施設、企業・家庭での促進、補助金の増額、あるいはグリーン証券の発行。
○小水力発電・・・用水路の利用。
○スマートグリット、スマートタウン構想などをモデル地区で実施し、未来のまちづくりへの提案を。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

発電単価と安定供給の優等生として原子力発電が国策として進められてきました。しかし、一度事故が起きたら、自然環境を、人々の生活を破壊します。私達は速くて便利な生活を追求するばかりにあまりにも電力に依存してきました。命より重たく大切なものはありません。いままでの生き方を見直し、「青い空を青いままで」次の世代に引き継ぐことが大切です。「安全・健康・環境」を何よりも優先し、持続可能なまち、海老名市を市民参画ですすめていきましょう!
スポンサーサイト

放射能対策に関するアンケート回答vol.15*福地 茂さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

できれば簡易型でも良いから線量計を購入し、市民の協力を得て、測定箇所を更に増やすべき。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・ 保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開 ・・・但し、〇〇産は使わないでほしい、というような風評はさけたい。
・〇給食の食材の事前の検査・・・当面依託
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・ 海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・ 脱原発
・ 原発推進
・〇その他

できれば原発に頼らないエネルギー政策を追求すべき。CO2削減及び脱原発を考えるならば、現在の数10倍の電気料金と今までとは比較にならない節電を覚悟しなければならない。それに日本社会が耐えられるか?


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・ ある
・ なし
・〇その他

再生可能エネルギーのもっとも効果的な方法は太陽光発電。しかし、まだ高価で普及していないと思う。電力は経済の血液といわれる。今までもエネルギー不足で経済界が大変な苦痛をあじわった。そこに勤める社員も大変な思いをされた。私は9月定例会で市役所の横を流れる用水路を使って水力発電を実施したらどうか?と提案した。少しでも原発に頼らないよう用を提案した次第である。
子どもは家庭の宝であり、社会の宝と思う。子どもは未来からの使者であると思っている。その子ども達が未来に帰ってから、あの頃の大人たちは、本当によくがんばってくれたなーと思ってもらえるよう、我々大人たちはよくよく肝に銘ずべきであると常々思っている。17年前、自宅前で交通事故により生命を落とした長男(8才)の為にも・・・。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

放射能対策に関するアンケート回答vol.14*木下 雅實さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・〇充分である
・不十分である

今のところ充分である。今後変化があればその都度対応。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・ 農地の土壌調査
・ 給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査・・・市では測定を始めた。
・ 海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・ 海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・ ある
・〇なし

太陽光発電、動力発電は効果が期待できない。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

放射能対策に関するアンケート回答vol.13*わたべ 美憲さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

太陽光、バイオ、小型水力、マイクロ発電


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

放射能対策に関するアンケート回答vol.12*森下 賢人さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・〇充分である
・ 不十分である

個人的意見としては(充分か不充分をえらぶ場合)「充分である」と回答となります。
(議員の立場では、民意を行政に届けるという立場、あらゆる民意から民意の代表として私的意見ではない意見を述べます)


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・ 農地の土壌調査
・ 給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査
・ 海老名市民も使用できる測定器の購入 
・ 公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・ 海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

中間回答がないので困りますが、放射能等の処理方法が確立されない限り、原子力の使用は反対です。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

企業化も視野に、積極的に取り組むべきと考えます。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

※全て個人の意見、考えです。※
放射能に限らず、現代社会の大気は汚れています。
私も3人の小中学生の親ですが、このような時代に生まれてきた我が子達には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そんな中でも、たくましく生き抜いてほしく(私達親が先立った後も)その力を養ってほしいものです。
私たちの世代は「汚い大気を吸わせない」ではなく、大気をきれいにする技術を確立し、「きれいな大気を吸う」環境に変えていく責務があると考えます。

放射能対策に関するアンケート回答vol.11*佐々木 弘さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

まずは、高精度の放射能測定器による市内各所の放射能濃度の測定を行い、福島第一原発事故による汚染の有無および具体的な状況を客観的に把握することが、国および地方自治体が行うべき第一の課題と考えます。
現在、海老名市が保有している測定器(シンチレーション型)は2台(11月に2台追加確保の見込み)であり、これでは、測定箇所・頻度などの面できめ細かい測定はできません。
早急により多くの測定器を確保する必要があります。
また、さらにより多くの場所・頻度での測定や除染の為、市民や各種団体が行う自主的な放射能測定との連携も重要で、今後、柔軟な対応が必須となると考えます。
基準値以上の濃度が検出された場合の除染は、今後も少なくとも実行面に関しては市の責任で行わなければなりません。
除染による汚染物の処理は、国が第一の責任を負うものですが、ひとまず、市として最善の方法で保管する必要があります。
また、汚染物に限らず、市内の道路・側溝等からの回収物に関しても、業務従事者の安全確保の面で、適切な放射能測定が必要です。
小中学校の学校給食食材に対する測定は、今後行われる1週間後のまとめての事後方式ではなく、横浜市(だだし、サンプリング方式という問題はありますが)の様に、事前に行う様に早急に切り替えるべきです。
当市は、都市近郊農業や市民農園が盛んです。1台2千万円程しますが、相模原市のように、農産物等の測定器の購入を具体的に検討するべきです。
また、今後の放射能対策全般に言えることですが、市として、国・電力会社に対し、市民の立場に立って、必要な対応の要請を強力に行うべきです。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・〇その他

とりわけ子どもたちへの対応策として、全小中学校(19校)に放射能測定器を配置し、校内・通学路などの多くのポイントで定期的な測定を始めるべきです。
また、保育所・幼稚園(公立・私立を問わず)や、通学路、地域の公園の測定もしっかり行う必要があります。
学校給食や市内産農産物に関しては、質問1での回答の通りです。
子どもの各種健康診査も、今後の実施項目・頻度等を十分に検討し、必要な対応を図るべきです。


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

福島第一原発事故によって明らかになりましたが、原子力発電は決してクリーンで安全なものではなく、核廃棄物やプルトニウム発生の問題、事故時の対応など、人間の手で制御することができず、深刻な影響を半永久的に人類にもたらします。
今後、まずは国政のレベルで原子力発電からの撤退を決断する必要があります。
5年から10年の期間で着実に現在の原子炉・発電所を順次着実に閉鎖し、同時に自然再生可能エネルギーを中心としたエネルギーシフト、技術革新や人々の働き方も含めた経済社会の根本的な見直しなどによる省エネの促進を図ることが必須と考えます。
また、いま進められようとしている原発の他国への輸出は、事故当時国として到底許されない事です。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

地域の自然・社会環境等の違いを踏まえて、各自治体ごとに自然再生可能エネルギーの普及を図ることは十分可能であるし、また必要不可欠な課題であると考えます。
原発事故後に共産党市議団(3人)として現地調査を行った山梨県北杜市は、福島第一原発事故前より旺盛にこの課題を推進しており、大変参考になりました
9月議会の一般質問でも取り上げましたが、海老名市においては、とりわけ太陽光発電の普及促進が重要と考えます。特に小中学校や今後順次行われるコミセン等の改修に合わせたパネルの設置や、住宅等へのパネル設置の補助充実などを進める必要があります。
また、主に市民への啓発や児童生徒への環境教育の面から、小さな規模での水力発電や風力発電も積極的に推進していくことも重要です。
今年度と来年度が、ちょうど市のエネルギー関係計画の見直し時期にあたり、この機会に政策体系をゼロベースで抜本的に構築し直すべきです。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

日本共産党は、1976年以来、国会で原子力発電の危険性を繰り返し指摘し、自然再生可能エネルギーへの転換など、解決の方向性を具体的に提起してきました。
今後も引き続き、国政、地方政治、また地域で、放射能対策と脱原発、自然再生可能エネルギーへの転換に、全力で取り組みます。

放射能対策に関するアンケート回答vol.10*氏家康太さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

設問2にも関連しますが、農地の土壌調査等が必要であると考えているからです。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・ 給食の食材の産地公開 
・ 給食の食材の事前の検査
・ 海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・ 子供たちの健康調査 
・ その他

放射線の影響を受けやすい子ども達を取り巻く環境、保育園等の土壌調査や公園の枯葉等の測定が必要だと思います。
文科省が測定している、空気中の放射線量は、原発事故前と同じ状況に戻っているので、現在は福島原発からの放射線はほとんどないと考えてよいと思います。ただ、今後、山等の高地に滞留した放射性物質が川水や土砂などとなって低地に下りてくるでしょうから、土壌調査は長期にかつ定期的に測定していく必要があると思います。

JA神奈川県中央会に確認しましたが、中央会としては独自に農作物の放射能濃度の測定はされないとのことでした。
その理由としては神奈川県で県内産の農作物の放射能濃度を測定しているからとのことでした。
独自に、測定する機材、方法が現状ではないこともその理由としてあげられていました。

給食の食材には主に市内産、県内産、近県産の農作物が使われますが、神奈川県だけでなく、近県でも同じように農作物の放射線濃度を測定しており、結果は、国の基準値以下ですので、安全な食材を利用しているという認識に市は立っているようです。

給食センターでは、干しシイタケで暫定基準値を上回った時には、当日朝に急遽使用中止を決めるなど、安全第一に臨機応変な対応をしているとのことです。その後も、干しシイタケは使わずに、しめじ等の代替品を使用しているとのことです。

保護者として各県の発表を常に確認していく姿勢が大事かと思いますし、市独自で市内産の農作物の放射能濃度測定をするべきであると考えます。

国の暫定基準値を引き下げる必要があると思います。

海老名市では、給食食材の放射線濃度が心配な場合には、お弁当持参でもかまわないとしています。
関西以西の食材でお弁当を作って、子どもに持たすことは可能です。

県内で生産された食品の放射能濃度については以下のホームページでご確認ください。
アドレスが変更される場合もあります。その場合は、お手数ですが神奈川県のホームページからご確認ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6576/p163715.html


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

以前、某電力会社の原子力発電所を視察しました。その時に、とても安全であると強調されていました。安全に対する、大いなる自信のようなものを感じました。それで、すっかり日本の原子力発電所は安全である、チェルノブイリのような事故は絶対に起こらないと、心の底から信じてしまいました。しかし、現実は違いました。そして、調べれば調べるほど恐ろしくなりました。原発はいりません。日本だけでなく、他のどの国にも、この地球上のどこにも、必要ありません。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

相模川があるので、水利権を超越して、水力を利用して発電するような、自然エネルギー発電経済特区にしてはどうかと考えています。

太陽光発電は、売電はできますが、現在のところ、家で使う電力をまかなうだけの発電能力はありません。

むしろ、家庭用燃料電池の普及をはかり、発電所からの電力は家庭用燃料電池の動力源程度に利用するような方向に進めるべきであると考えています。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

発電会社と送電会社を別会社として、現在の送電線を利用しながらも、原発以外の電力を買いたい人は買えるような、発電会社を自由に選べるようにするべきだと考えます。

放射能対策に関するアンケート回答vol.9*松本正幸さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

学校給食食材の検査体制(事前検査)
市民の不安にこたえ、協力してすすめる姿勢の弱さ
市独自の不安にこたえ、協力してすすめる弱さ


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・〇その他・・・市民が自分の食材をもちこめる検査器をもうけてほしい。

3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

日本のエネルギーを原発依存するという政策から撤退、脱原発をめざす政治的決断を行うこと。
5~10年以内を目標に原発から撤退するプログラムを政府がつくることを提案します。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

一般家庭及び公共施設の太陽光発電の推進。
小水力発電(農業用水)の検討
ゴミ焼却の発熱の有効利用


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

・貴団体の活動に深い敬意を表します。住民のいのちを守るべく行政に必要な責任を果たさせるとともに、貴団体のような市内の自主的な運動と連携をとって、行政だけでは行き届かないところも協力してすすめていくことが大事です。
・市内農産物への影響を調査し、被害があればすみやかに東電と国に責任で補償をする。
・財政負担、相談体制など国による自治体への支援体制を強化する。
・科学者や専門家、生産者、消費者などの意見をふまえ、暫定規制値を検証し必要な見直しをたえずおこなっていく。
・大規模な放射能汚染からこどもと国民を防護する緊急の法整備を行う必要があります。今回のような広範囲の放射能汚染は、現行法(放射線障害防止法など)では想定されていない。

放射能対策に関するアンケート回答vol.8*中込 淳之介さん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

海老名でも10月24日~26日に行なわれた測定で海老名市の基準値の0.23マイクロシーベルトを上回る放射線量が発見された箇所が8ケ所ありました。今、海老名市では定期的に測定が行われていないので、定期的な測定が必要だと考えられます。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・ 農地の土壌調査
・ 給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査
・ 海老名市民も使用できる測定器の購入 
・ 公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・ 海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

脱原発に向けて太陽光などの再生可能エネルギーの推進


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

自然再生可能エネルギーの推進


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。

海老名の子供達が安心して育てる環境を共につくっていきましょう。

放射能対策に関するアンケート回答vol.7*原じゅんこさん

1. 現在の海老名市の放射能対策について、どのようにお考えですか?また、それぞれの理由もお聞かせ下さい。
・ 充分である
・〇不十分である

放射能に安全というレベルはありません。特に乳幼児、妊産婦、育ち盛りの子どもはできるだけ避けることが望ましいことです。国の基準値以下だから「安全」ということはありません。市は子どもたちを放射能から守るという観点をしっかり持ち、市民の不安に応えていくべきです。


2. 海老名市の子供たちを放射能から守るため、どのような対策が必要だと思いますか?以下の中からお選び下さい(幾つでも可)。この他にもご意見ありましたらお聞かせ下さい。
・〇保育園・幼稚園・学校、公園などの土壌調査
・〇農地の土壌調査
・〇給食の食材の産地公開 
・〇給食の食材の事前の検査 ・・・どこまで可能なのかわからずにいます。
・〇海老名市民も使用できる測定器の購入 
・〇公園の枯れ葉や落ち葉の測定
・〇海老名市産の農作物の測定             
・〇子供たちの健康調査 
・ その他・・・食品の暫定基準値が高すぎます。低くする働きかけも必要と思います。


3. 原発について、どのようにお考えですか?
・〇脱原発
・ 原発推進
・ その他

核といのちは共存できません。


4. 海老名市における自然エネルギーの可能性について、どのようにお考えですか?
・〇ある
・ なし

いくつか見学に行きました。埼玉県小川町は地域循環型農業をすすめ、生ごみ、野菜くず等から液肥とバイオガスを作り、活用しています。川崎の京浜工業地内の工場では、バイオマス発電がこの2月から稼働しています。解体工事で発生する建築廃材をチップ化し、燃焼して発電する循環型発電です。今、行われているごみ焼却も燃やすだけでなく発電することも考えてもいいでしょう。また、小水力発電も用水路と下水を利用してできます。


5. 上記以外のご提案、ご意見などございましたら、以下にご自由にお書き下さい。
エネルギーも含めて、地域分散型の循環型社会にこれからは変わっていくことが重要だと思います。
巨大事業ではなく身の丈にあっていること。これも必要なことだと思います。
消費ばかりの一方通行の生活は、ごみとして出しているもので行くえが見えにくく、無責任になりがちです。だれかにどこかに犠牲を強いることで成り立つ社会は平和ではありません。
プロフィール

save child

Author:save child
神奈川県海老名市にて、放射能の被害から子どもたちを守るために集まったお父さん、お母さんたちの会です。
月末火曜、測定会を開催。(変則有り。)シッターさんをお願いしています。

問い合わせメール:saveebina@gmail.com

(特定の政治団体および宗教団体とは関係はありません。)

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンターを設置しました!2013.05.21
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。