スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老名市、事故後2年の土壌汚染Map

原発事故から間もなく2年。
Cs134の半減期を迎えます。
土壌調査のデータが増えて来ましたので、地図を公開しようと思います。
測定した日によってCs134の値がばらつきますので半減期に合わせ、
Cs137の値に1.5をかけた数値をCs合算として地図に落とし込みました。

赤字は吹きだまりの堆積物(路傍の砂)です。
等高線(コンター)は堆積物を除いた土壌調査地点のデータから作成しています。

市民測定+堆積物_市町村境界付き2_130226
スポンサーサイト

海老名中央公園(ViNAWALK)内の堆積物 2530bq/kg

2月の測定会のご報告です。

■土壌
中央公園 (ViNAWALK)内の堆積物 Cs合算 2530bq/kg
国分北1丁目尼寺公園内 表土    Cs合算  63.9bq/kg
(↑砂場 Cs合算 14bq/kg)
柏ヶ谷 長ヲサ公園砂場       Cs合算  24bq/kg

■食品
ピジョンのアップル&ウオーター
怪しいピークも無く不検出


中央公園(ViNAWALK)内の堆積物に関しては測定後、市のみどり課へ報告に行きました。
対策をとってくれるそうです。
徹底的に清掃をして下さる事を切に願います。
ちなみに具体的な場所は石の大きな玉の回りの石のベンチの下の堆積物です。



2月 測定会

放射能からえびなっ子を守る会、2月の測定会を予定しています。
場所はレストラン ラリチェッタ内、測定室です。

測定会に関しましては、お茶会で一度測定に関してのご説明をしてから見学や測定に参加して頂きます。



日時:2月26日(火) 
11:30〜14:00位 

最寄り駅は小田急線相武台前駅です。駐車場もあります。
会費:測定される方は測定室へワンコイン程度のカンパをして頂きます。


*お子様連れの方はお子様のおもちゃなどは、ご持参ください
(シッターさんを予定しております)
*こちらでお茶やお菓子等の用意はしませんので、必要な方はご持参ください
*昼食はレストランにて取る予定です


お問い合わせは、saveebina@gmail.com
もしくはツイッターsave_ebinaまでいただければ幸いです。

3/7(木) 市の経済建設常任委員会に土壌調査と除染に関する陳情を提出

昨日、市に陳情を提出致しました。
「土壌調査と除染に関する陳情書」堆積物の測定結果を添付(下記)
「喫煙所設置に関する陳情書」
「西口開発地域の喫煙所設置に関する陳情書」
「歩行喫煙に関する陳情書」

の4通です。
陳情の審議は3/7(木)です。
ご興味のある方は是非傍聴にいらして下さい。
予約制ですが託児もあります。



「海老名市の定期的、継続的な土壌調査と除染(清掃)に関する陳情書」

原発事故以来、市の放射能対策に深く感謝致します。
小学校の土壌調査などでは比較的低い値が出ておりましたが、実際に生活している場所がどれくらいの汚染なのか気になり、市民が自主的に土壌調査をしております。
原発由来のセシウムが濃縮されたであろう場所の測定結果の資料を添付致します。
例えばコメダ珈琲店前の堆積物に関して、こちらは事故後(昨年3月)に車道の工事をしています。その際に今回堆積物を採取した場所も清掃されておりました。一度堆積物が除去された場所が一年未満で高濃度に汚染されています。
これは堆積する場所は定期的に計測し、また除染(清掃)をしないといけないと言う事だと思います。
市民の力では限界があります。市でホットスポットの探索をして頂き、定期的に除染(清掃)をお願い致します。

【陳情の要旨】
市でホットスポットの探索をし、定期的な除染(清掃)の依頼。

【陳情の理由】
原発事故前、国の放射性物質に対する基準は100bq/kg以上の物はドラム缶詰めをして厳重管理でした。しかし、事故後基準を大幅に緩和しました。
事故前の基準の70倍以上に汚染された場所が生活圏内にあります。
それは、原発構内(福島第一を除く)より汚染されている場所が私達の生活圏になってしまったと言う事です。
側溝などの風の影響を受けず舞い上がらない所ではありません。小さな子どももヨチヨチ歩くような場所です。そこで子どもが転び、手を付きその後その手を舐めたりする事もあるでしょう。
海老名市では除染基準を国の0.23μSv/hとしていますが、その数値は内部被爆を全く考慮していません。
幸い、海老名市の汚染は低く、また濃縮する場所も限定的と考えられます。
このような場所を見つけ、また見つかった場合には清掃をして、再度マイクロホットスポットとならないようにしなければなりません。
子どもの医療費助成など、すばらしい取り組みをしている海老名市として、是非、予防医学の観点からも早急な対処をお願い致します。
海老名の地がどんな世代にとっても安心して生活できる地である事を願っており、市民の代表である賢明なる市議会議員の皆様に英断頂きたいと考えております。 

IMAG3005 2

コメダ珈琲店前の堆積物採取場所

みどり課訪問 報告

大変遅くなりました。
1月22日のみどり課訪問のご報告です。


海老名市の放射能対策について
経済環境部環境みどり課環境保全係にて聞き取り

海老名市は特別措置法で指定された市町村と違い、国のリードによる除染が見込めない。
そのため独自の対策のもと、以下の項目を実施している。



■空間線量の定期測定
空間線量の定期測定については23年8月よりシンチレーションカウンター(富士電機製のNHC7、4台所有)を使用して開始した。
現在月1回、26箇所を定点測定している。(園庭、公園、校庭などの中央付近)
測定結果についての市側の見解は「日常生活レベルでは安心ではないか」というものである。
市の認識は、(測定結果は)23年8月(0.06~0.07μsv/h)までは高かったものの、現在(0.04μsv/h)では落ち着いているというものである。

■空間線量の訪問測定
海老名市の除染対象となる暫定基準値は許容被爆量年間1ミリシーベルトから算出した0.23μsv/hである。
過去、国の基準(0.23μsv/h)を超えた測定結果は23年度のみで、11箇所であった。
(学校等の側溝:8箇所、個人の敷地:3箇所 ) 
市民の依頼を受けて実施した訪問測定で、同基準を上回っていた個人所有の敷地(3箇所)では対応として土を袋に入れて埋めた。

■公立保育園、小学校給食の食材測定
給食検査は2食分の食材を1週間溜めて週に一度まとめて検査しており、結果は市のHPに掲載している。
(検出限界値はCs134,Cs137それぞれ0.5〜0.7程度)

■土壌調査
土壌検査は24年2月に学校や保育園の土壌を調査した。
測定値(ベクレル値)をシーベルト換算した結果、市では汚染度は低いと判断したため、現時点では今後の検査予定は無い。


市のHPはこちらから↓
海老名市の放射能対策


<質疑応答>
Q:2011年秋に駅前中央公園の樹木の伐採を一斉にしたが放射能対策か?
A:違う、昔からやっている。費用の関係で一度に大量に伐採したもので、対策ではない。


Q:土壌調査で高い値が出た場所はお願いすれば除染してもらえるのか?
A:基本的には清掃として実施する方針だが、タイミングにより時間がかかる場合もある。


Q:市で汚染度の高そうな場所を自発的に測定する予定はないのか?
A:依頼された訪問測定の範囲の中で実施する方針である。市が自主的にホットスポット探索する予定は無い。
また、市の測定器には探索機能は備わっていない。


Q:学校等の敷地内の土壌汚染を個人的に測定して、もし結果が高かった場合、直接市にお願いして除染をしてもらう事はできるか。
A:学校の施設管理者は校長であるため、トラブルは避けたい。土壌採取の際はまず学校や校長に話を通してほしい。


Q:幼稚園給食に関して幼稚園側が測定を依頼した検査会社は国の指導で検出下限値を高く設定しており正確な数値は教えてくれなかった。そのようなケースもある為、自分の目で確かめる事ができるように市に測定機材の購入をお願いしたいが、購入予定はあるか?
A:市民からの食品の測定依頼があった場合には、シンチレーションカウンター(NHC7)をかざして測定をしている。
Q:路傍の砂の測定でも解るように、シンチレーションカウンターで数値が動くような汚染は、相当量のベクレル値だと思いますが?
A:そのような食品は市場に出回っていないという国の発表を信じて私は流通している物は普通に食している。(これのみ、回答者の個人的発言)
Q:子供は同じ基準では考えられないが。
A: ...


Q:市の管轄の砂場は年2回天地がえと消毒をしていると聞いたが放射能対策か?(天地がえした砂場は比較的値が低い)
A:事故前からしている。放射能対策ではない。


Q:幼稚園に関して、市内の幼稚園で行っている空間線量の定期測定の結果を市で公表出来ないのか?また、園に公表するよう働きかける事は出来ないか?
A:民間の施設なので難しい。


Q:市の空間線量の測定だと園庭、公園、校庭の中央のみの測定だが隅の吹きだまりとなる場所もお願いしたい。
A:予定はない。

1月 測定会 結果

1月29日の測定結果をご報告いたします。

■中新田 児童公園 表土    305bq/kg

■海老名市杉久保南庭 表土  30.32bq/kg

■上郷923 付近  表土  172bq/kg

■大阪府八尾市    表土   ND
(試験焼却前)
プロフィール

save child

Author:save child
神奈川県海老名市にて、放射能の被害から子どもたちを守るために集まったお父さん、お母さんたちの会です。
月末火曜、測定会を開催。(変則有り。)シッターさんをお願いしています。

問い合わせメール:saveebina@gmail.com

(特定の政治団体および宗教団体とは関係はありません。)

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスカウンターを設置しました!2013.05.21
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。