スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線被爆についての特集を組む、松本市の広報誌

こんばんは、管理人です。
ツイッターからの拾い物ですが、ココでご紹介をさせてください。

ご存知のとおり、長野県松本市の市長を務める菅野さんは、
チェルノブイリで医師として働いていた経験があります。
だからこそ、地方自治体の主として、いち早く放射能対策に動きだされたのでしょう。

松本市の給食は基本は地産地消、そして放射性物質が検出された地域のものは使用しないと
独自の取り決めを進めてきました。40bqという厳しい独自基準も設けています。
詳細はこちら★

そんな松本市が出している広報誌がこちらです
とてもわかりやすい内容になっています。チェルノブイリのデータものっています。
ぜひ、一度目を通してみてくださいね。

このように、自治体がしっかりと放射能による被害を理解し、
そして、市民に啓蒙していくことがこれからは大切ではないでしょうか?

市の印刷物に取り上げる効果は絶大だと思います。
さまざまな年代の人が目を通しますし、放射能に感心がない人へも事実を伝えることができます。

神奈川県がやらないから、国が動かないから。
そんなのは言い訳にしかなりません。
現に松本市は独自の基準を決め、子供たちを守る姿勢をみせてくれています。

ぜひ、海老名市にも、いいえ、すべての自治体にもお願いしたいです。
松本市のように、真剣に、放射能問題に取り組んで下さい。
どうぞお願い致します。


★菅野市長の講演も貼付けておきます
こちらもお時間ありましたら、ぜひみてくださいね:)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実に羨ましい…
広報えびなにこんな特集記事が掲載されたら涙が出ます。そして、このような市長であれば喜んで税金納めます…

私もです!!!

ぜひ、広報えびなでこのような特集を組んでほしいですよね。市民の意識改革にもなりますし、じーちゃんばーちゃんたちとの温度差、まわりのママたちとの温度差もなくなりそうです(涙
プロフィール

save child

Author:save child
神奈川県海老名市にて、放射能の被害から子どもたちを守るために集まったお父さん、お母さんたちの会です。
月末火曜、測定会を開催。(変則有り。)シッターさんをお願いしています。

問い合わせメール:saveebina@gmail.com

(特定の政治団体および宗教団体とは関係はありません。)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンターを設置しました!2013.05.21
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。